夢の仕事を行うために取りたい資格|就職、転職も資格一つでカンタン

法律の専門家となって多くの人を助ける存在になる

就職に強い資格

土地家屋調査士合格は、狭き門です。

国家資格である土地家屋調査士は、試験内容がたいへん難しく、その合格率も例年一桁程度の難関を極めている資格です。 そのため、土地家屋調査士試験を受験する多くの人は資格予備校に通って学習するか、通信教育講座を利用して学ぶかの方法を選択しています。 しかし、このような高レベルの資格取得でありながら、独学で挑む人も少数ながら存在します。 独学で受験した場合の合格率は、正直かなり厳しいものですが、もともと狭き門の中で見事合格を勝ち取っている人がいるのも事実です。 資格予備校のように、学習プログラムが組まれているわけでも受験対策をとっているわけでもない中での独学は、容易なものではありませんが、可能性がある以上挑む価値は十分にあります。

自分の独学スタイルを信じて頑張りましょう。

土地家屋調査士の試験内容は、大きく筆記と口述に分かれますが、筆記試験の出来が合格を左右します。 この筆記試験の内容は、択一問題と書式問題が出題されますが、独学で学習していく上で書式問題が大きな課題となります。 択一問題に関しては、過去の問題集を少なくとも10年分くらいは繰り返し解くことで、合格レベルの実力がついてきます。 一方、書式問題に関しては、電卓や定規を使い作図を作成したり、与えられた事例から法律的な判断力が必要になる内容まであり、かなり難問が出題される傾向があります。 そこで、基本は独学スタイルを貫きつつも、「情報収集」と「場慣れ」いう観点から考えれば、年に数回行われる資格予備校の模擬試験は受けておく方が良いでしょう。 土地家屋調査士試験まで、時間を有効活用して頑張りましょう。